粗大ごみはリサイクルセンターへ持ち込みした方がお得なのか?

粗大ごみを地元自治体のリサイクルセンターに出してみよう

粗大ごみは回収料金がかかるので、なかなか手軽に集積所に出すことができません。
また、回収日も普通の収集日と違っています。
事前に専門のセンターに電話連絡をしなくてはなりません。
指定された日に指定の場所に出しておかないと、収集してくれないことになっています。
このように、何かと手間がかかるので面倒に感じてしまう人も少なくありません。

リサイクルセンターに引き取ってもらうのは結構な手間でした

私もその一人で、毎回、出そうと思っていても面倒でやめてしまっていました。
しかし、さすがにそうも言っていられない事態となってしまったのです。
それは、引っ越しが決まったからです。
引っ越しでいろいろと要らないものを処分することになりました。
そこで、どうしようかと悩んでいたところ、良いアイデアを聞いたのです。

持ち込みであればスケジュールに縛られることも無い

ある日、知人に相談したところ、持ち込みをすると回収費用がかからなくなるという、お得な情報を教えてもらえました。
これは良い提案だと思いました。
早速、問合せをして、粗大ごみを持ち込みしてもいいのか、きちんと確認も取りました。
持って来てくれるのなら問題ないという回答だったこともあり、後日、知人の車を借りて持ち込んでみることになりました。

処分しにくい家電品も持ち込むことが出来る

例えば、タンスや冷蔵庫といった大きなものは、なかなか捨てることができません。
木製のタンスなら分解することもできますが、冷蔵庫は分解して小さくすることもできません。
このようなものは、当然、粗大ごみという扱いになります。
家電リサイクル法もあるので、リサイクル料は取られますが、その辺に勝手に捨てるわけにもいかないので、このように持ち込んで回収してもらえるのは助かりました。

持ち込みには車が必須!しかし手続きは簡単でした

私が訪れたセンターは、家から少し離れていましたが、知人も付き合ってくれたので、ドライブがてら楽しみながら訪れることができました。
ちょうど、そちら方面には立ち寄ってみたい施設もあったので良かったです。
帰りに立ち寄ることができました。
手続きも、思っていたよりも簡単でした。
とにかく回収料金がかからなかったのは良かったです。
ただでさえ、引っ越しにかかる費用で頭がいっぱいだったこともあり、少しでもお得になることは試してみた方がいいと感じました。

持ち込みの比率もけっこう高い

付き合ってくれて、しかも、提案してくれた知人にも感謝しています。
センターの人に訊ねてみたのですが、割りと持ち込みをする人は居るそうです。
特に、センターの近くに住んでいる人は気軽に持って行くことができるので、よく訪れているとのことでした。
私も近くに住んでいたら、不要物が出る度に持ち込んでいたように思います。